3.病理結果

2007/11/04

ホルモン療法について

病理結果が出た際に、乳がん無料質問箱に質問した回答


ホルモン受容体については、針生検の結果と術後の最終的な結果が違っていることはあり得ると思います。ホルモン受容体の有無は癌組織を免疫染色で染め顕微鏡で見て判定するので、一部の組織で診断する針生検の結果はホルモン受容体が不均一に分布する場合に全体の状態を表していないことがあります。

再発進行乳癌で確かめられたホルモン療法の効果は、1)ER(+)PgR(+)、2)ER(-)PgR(+)、3)ER(+)PgR(-)、4)ER(-)PgR(-)の順に低くなります。有効率は1)の場合で70~80%、2)の場合で40~50%程度とされています。こうした有効率は再発のように治療効果を確かめられる評価病変がある場合の数値なので、評価病変のない術後療法でどの程度の効果があるかは数値で表すことは困難です。

アメリカで出されている治療の効果予測で言うと、アマリアさんの場合は10年後の再発予防効果はホルモン療法だけだと約9%、化学療法だけだと約11%、ホルモン療法と化学療法(EC+タキサン系)の併用で約16%改善すると見積もられています。このまま日本人に当てはまるかは別にして、この程度の併用効果はあると見なすことができます。

化学療法後のホルモン療法としては抗エストロゲン剤のタモキシフェンだけ、あるいはLH-RHアゴニスト(卵巣機能抑制)とタモキシフェンの併用が考えられます。一般的な場合、化学療法で無月経にならなければ後者の方がより効果的だという結果が出されています。ただし、アマリアさんの場合はHER2(+++)なのでタモキシフェンの効果が低い可能性があり、無月経にならなければLH-RHアゴニストだけという選択肢もあると思います。

ドセタキセル+ハーセプチンとウィークリータキソール+ハーセプチンの効果に違いがあるかということですが、ほとんど差はないと考えて良いと思います。


化学療法が終わってからの話だけど、忘れないように、ネ。

| | コメント (0)

2007/10/12

病理結果Ⅲ

前回出ていなかったホルモン受容体の結果がようやく出ました。針生検では、ERもPgRもマイナスだったので、あまり期待はしていなかったんですが、かろうじてER(+)、PgR(+/-)という結果でした。わずかでも陽性だったら、ホルモン治療を行うということだったので、これでフルコース決定かな。でも、今はあまり先のことは考えられないので、目の前のEC療法を頑張るのみ。

| | コメント (0)

2007/10/02

病理結果Ⅱ

2007年10月2日(火)

今日は残りの病理結果が出る日。治療方針の説明を受けに、病院へ行った。残念ながら、ホルモン受容体についての結果は、今日もまだ出ていなかった。Her2の方は出ていて、針生検と同じ3+(強陽性)で間違いはないらしい。

【病理結果】
標本の大きさ  : 75×70×18mm
腫瘍の大きさ  : 20×16   mm
腫瘍のタイプ  : 浸潤性乳管がん(硬がん)
組織異型度   : Ⅱ
細胞核異型度 : Ⅱ
乳管内進展   : 中程度
脈管侵襲    : v(+) ly(+)
乳腺断端    : Suspicious
リンパ節転移  : 4個(13個中)
Her2       : 3+(強陽性)

主治医の示した治療方針は、
①エピルビシン+シクロフォスファミド(3週間に1回投与4クール)→ドセタキセル(3週間に1回投与4クール)
②残存乳腺への放射線治療(25回50グレイ 追加照射なし)
③ハーセプチン(3週間に1回投与を1年間)
というもの。

乳腺断端がSuspiciousなのに陰性の判断でいいのか(追加照射なしでいいのか?)、ハーセプチンの投与開始時期等、疑問の残る部分もある。でも、とりあえずはEC4クールを乗り切ってからの話かな。主治医は質問には答えてくれるけど、なんとなく温かみがないというか、淡々としている。でも、いきなり「あなたの5年生存率は…」なんて話をしないだけいいかな。もちろん私も聞かない。確率はあくまでデータであって、本人にとっては0か100だもんね。

病院を出たあと、医療用カツラを扱っているお店に試着させてもらいに行った。やっぱり高いなぁ。メーカーによって、値段もマチマチで本当に迷う。

◆乳腺外来診察 210円

| | コメント (3)

2007/09/25

病理結果

2007年9月25日(火)

退院後、初めての乳腺外科外来。先日の骨シンチの結果を聞く。
「左右腎への集積増強あり、腎機能低下があります。全身骨には異常集積ありません」との結果。主治医は、術前の血液検査の結果からみて、腎機能に問題はないだろうとのこと。
その後、傷跡を診てもらう。腋のテープがまだ付いていたので、それをはがされた。自然に取れるまでそっと、と思ってそのままにしていたのだが、そっとしすぎていたらしい。付けっぱなしもよくないのね。
病理結果がいつ出るのか聞こうと思ったら、なんとフェイントで、もう出ていた。うっかり一人で聞くはめになってしまった。最初の告知の時も、そういえば、一人で聞いたんだった。
まだホルモン受容体やHer2が出ていないので、正式には来週ということになるが、病理組織検査報告書というものをもらった。説明は来週ということで、特に受けなかった。ただ、放射線より先に抗がん剤をやった方がいいだろうとのことだった。

腫瘍の大きさが20×16と、術前に思っていたより小さかった。だが、リンパ節転移が思っていたより多かった。脈管侵襲も、ともにプラス。断端もSuspiciousだ。これは陽性とは違うが、陰性でもないってことかしら。いろいろ疑問が湧いてきたが、もう診察室を出たあとだった。

報告書が英語なので、家に帰ってから翻訳サイトで調べた。英文科卒とはいえ、すっかり錆び付いていて、わからない単語だらけ。どうやら細胞についての所見がかかれているみたい。何を見ても、やはり高リスクなのがわかる。手術後、かなり気持ちが明るくなっていたが、久しぶりに打ちのめされた。

◆診察+文書費 5460円


| | コメント (14)