6.ハーセプチン

2009/01/20

ハーセプチン(50~52回め)

午前中は整形外科。肩は良くなるどころか、最近では何もしなくても痛んだり、稼動域もますますせまくなっているよう。でも、整形の先生は「五十肩なら必ず治ります!」ときっぱり言うので、信じるしかないかな~って感じ。また湿布と飲み薬をもらいました。
乳腺外科の診察まで少し時間があったので、また京王の駅弁大会へ。富士宮やきそば弁当を購入。わさびご飯がおいしかったけど、添加物が多かったのは残念。ジャンクな食べ物だからしかたないか。あいらん堂のソフトクリームも食べて、満足。
今日は胸と腹部のエコーをしました。軽~くだけど、特に問題はないとのことで、やっぱり良かった。採血は次回ということで、最後のハーセプチンへGOsign01
採血の機械が故障したとかで、外来化学療法室はすごく混んでました。針刺しのイケメン先生とも今日でお別れ。もう点滴しなくていいのは嬉しいけど、なんともいえない不安もあったりして、複雑な気持ちです。
次の通院は放射線科の診察だな。乳腺外科は2ヶ月後。今まで毎月だったので、ノルバデックスの量がとっても多く感じました。

| | コメント (0)

2008/12/29

ハーセプチン(47~49回め)

年内最後の外来の今日、ハーセプチン投与に行ってきました。
本当は30日(火曜日)が3週間目なんだけど、外来が今日までということで、初めての先生に診てもらう……はずが、行ってみると主治医の姿が。
今日は外来の日じゃないんだけど、わざわざ来てくれたみたいです。午前中に緊急手術が入ったとかでいつもと違う雰囲気。
悪い先生じゃないんだよなぁ。ちょっとかみ合わないとこもあるけど。
前回の血液検査の結果はオールクリアで、無事にハーセプチン投与となりました。
そういえば、点滴の針が元に戻ってた!!
看護士さんに聞いたら、今日から元に戻ったそうです。他のところは新しい針を使うけど、外来化学療法室だけは血管が細い人や守りたい人が多いので、元の針に戻してほしいとお願いしたそうです。
針刺しは一発OKで、痛くなかった~。やっぱり何回も点滴しなければならない人間にとっては、針刺しのストレスは少ないに限ります。
一年間のハーセプチンも、次回で終わり。
嬉しい反面、不安もあり、で。心が揺れそう。

| | コメント (4)

2008/12/09

ハーセプチン(44~46回め)

午前中で会社を早退し、病院へ行ってきました。
今日の針刺しも呼吸器のイケメン先生でした。もう顔なじみなので、刺す場所もわかってるんだけど、今日の先生はなんかいつもと違う。
「じつは針が変わって、ちょっと太くなったんですよ」
一発OKで入ったけど、痛かった~! 先生いわく、「切れが悪い」針だそう。今朝から変わったらしいんですが、針刺しの先生にも患者さんにも不評だそうで、看護士さんが「先生の方から○○委員会に伝えてくださいよ」とか言ってました。使っている人の意見の方が強いということで。
その針、抜くときもやっぱり痛かった。帰りに「投書箱」に投書してきちゃった。前の針に戻してくださいって。
どういう事情で変わったのかなぁ?

帰りにタカシマヤに寄って、はれまのチリメン山椒と野菜昆布を買いました。ここのお店は防腐剤や着色料を使っていないので、お気に入り。いつも切らさず買っています。
ついでにちょっと贅沢して、千疋屋のスタンドでブルーベリージュースを飲んでしまった。

次回は30日……のはずだけど、もう病院がお休みなので、前日29日ということになりました。
主治医以外の診察は初めてかも。ちょっと緊張します。

| | コメント (10)

2008/11/18

ハーセプチン(41~43回め)

今日は半期に一度の部内会議があり、ランチに慰労会があったので、診察時間を後ろにずらしてもらいました。というわけで、いつもより一時間遅く病院へ。到着が遅かったせいか、ほとんど待たずに名前を呼ばれ、主治医のもとへ。
先日の骨シンチの結果を聞きました。特に気になる所見はなしとのこと。ひとまずホッとしました。じつは今日は朝から息を吸うたび、傷口あたりが刺すように痛くて、ちょっと気になってたんだけど、ホッとしすぎて、主治医に話すの忘れてしまったgawk

外来化学療法室では嬉しいことがありました。前回の投与の時に、低体温が気になっていることを看護士さんに話したんです。ちょっとした雑談だったんだけど、その看護士さんが低体温について、いろいろ調べてくれていて、今日教えてくれました。プリントを3枚ぐらい。下半身を温めるとか、食べ物についてとか。実践していることが多かったけど、調べてくれたっていうその気持ちがありがたくて、思わず涙が出そうでした。
今日も35.7℃だったけど~。ちょっとずつ体温上げるぞ~。

運動しなきゃ。それが一番の課題かな。

| | コメント (20)

2008/10/28

ハーセプチン(38~40回め)

今日はいつもの乳腺外科…の前に、整形外科の予約を取った。一ヶ月ぐらい前から右肩が痛くて、腕がまっすぐ上がらない。上着を着ようとすると肩に激痛が走り、「ギャ~!」とわめくようなことがたびたび。最近少しマシになってきたけど、このまま放っておくのも気になる。それに冷えると、二の腕の芯(骨?)がうずくように痛む。主治医に言って予約を取ってもらおうかとも思ったけれど、どうせなら今日診てもらっちゃおうと自分で朝一で病院に行って、予約を入れてから出社。始業に15分遅れてしまったけれど、病院と会社が近いとこういう時は便利だなぁ。
12時に早退して病院へ。整形外科では、肩と首のレントゲンを撮った。レントゲンでは気になる所見はないけど、念のため骨シンチをやっておきましょう、ということで、7日に骨シンチを受けることになった。あとは筋肉の緊張を取る薬と温湿布をもらって終了。放射線の影響による神経炎の可能性、関節炎の可能性、と痛みの理由はいろいろ考えられるけれど、嫌な可能性からつぶしていきましょう、とのこと。1年めの検査では骨シンチをやっていないので、このタイミングで受けておいてもいいかもしれない。ちょっとドキドキ~sad
乳腺外科で、整形外科の報告をして、低体温のことも聞いてみたけど、案の定スルーされたよ。でも、漢方薬を飲むのは問題ないそうなので、良かったかな。
ハーセプチンの針刺しは今日も一発OKでした。前回、腕が冷た~くなってしまったので、今回は点滴中に温めてもらって、ちょっと楽だった。レンジでチンするタイプのカイロだけど、これ、いいかもな~。

| | コメント (6)

2008/10/07

ハーセプチン(35~37回め)

今日は前回の血液検査の結果が出ていました。ホルモンの値を調べてもらったんですが、
FSH 33.63
E2  <10
ということで、値的には閉経状態であるとのことでした。ただ、可逆的なものかもしれないので、閉経とは判断できないそうです。でも、ゾラデックスの必要はないでしょうとのことで、注射は取りやめにしました。飲み薬は当分ノルバでいくようです。

前回も訴えたけど、患側の胸が大きくなってきたことを伝えるも、「今後もチェックはしていきますから」と今回はスルー。ハーセプチンの針刺しは、いつもの先生じゃなかったけど、一発OKでした。

じつは数日前から鼻づまりで、帰りに家の近所の耳鼻科へ。かなり悪くなっているらしく、山ほど薬を出されてしまいました。ホント、体が悪いとお金がかかりますつД`)・゚・。・゚゚・*:.。

| | コメント (6)

2008/09/16

ハーセプチン(32~34回め)

通院日。メンタルヘルス精神科では、いつもの通り。トレドミンを1日3回から2回服用に減らし、アモバンも1錠から半錠に減らして、まだしばらく様子を見ようという感じです。落ち着いているね、と言われました。不安がないことはないけど、いたたまれなくなることはないから、それは薬のおかげかな~。あいかわらず夜中に二度も三度も目が覚めるのはしんどいですが、だんだん慣れてきました。
呼吸器内科。吸入を朝晩から朝のみに変え、薬がなくなったら吸入をやめて様子を見ることになりました。吸入せずにすむならそれにこしたことはないんだけど、ちと不安も残ります。今まで何度もぶり返してきてるので。風邪はひかないように要注意だな。
そのあと、術後一年ということでマンモグラフィを撮りました。一年ぶり。
じつは、術側の胸が少し大きくなってきたのです。痛みがあるので、マンモは健側だけの予定だったけど、撮った方がいいのかな~と不安になり、技師さんに相談。先生から指示があれば、また撮ればいいから、とのことで、結局左側のみ撮影しました。
マンモの結果は問題なし。
今日からゾラデックス注射の予定だったけど、ホルモン値を調べたことがないので、その点を聞いてみました。40代なので普通は検査をしないけど、それなら血液検査をしましょうということで、今日はゾラ注射は延期。
それから胸と腹部のエコー検査がありました。
エコーを待っている間、診察室の会話が聞こえてきたんだけど、「ドバイに旅行に行くので、あちらでハーセプチン投与を受けられるよう紹介状を書いてもらえないかしら。そうしたら、投与に帰国しないですむし」
なんてマダムな会話が。主治医はあっさり紹介状を書いていました。
看護士さんが様子を見に来てくれて、浮腫の具合を聞かれたので、体操をしてることを話したり。
エコーの結果、大きくなった胸にも水はたまっていないし、手術や放射線の影響が薄れてきたんだろうとのことで、特に問題なし。CTや骨シンチはやらない方針なので、これで一年検査は終わり。スッキリとはいかないけど、クリアできたことは良かった!
外来化学療法室に行くと、「これから採血は大変だから、針刺しの先生に同時に取ってもらおうね」とのこと。無事に一発で入って、採血もできてラッキーでした。
病院について、いろいろ思うところはあるけど、看護士さんがとても親切。その点では良かったな~。

| | コメント (0)

2008/08/26

ハーセプチン(29~31回め)

病院がある日は、なんとなく凹みます。タキソールで毎週通っていた頃は、むしろ病院へ行くと安心するような感じもあったのに、やっぱり「病気なんだな~」ってことをつきつけられるからなのかしら。あまりに落ち込んでしまったので、気になる原因をノートに書き出してみることにしました。ひとつひとつに回答が得られれば、ちょっとは安心できるかな。あまりに細かいことばかりなので、主治医にぶつけるのは一つにしておきます。

| | コメント (16)

2008/08/05

ハーセプチン(26~28回め)

有給を取って、一日病院。呼吸器内科の受診が増えたので、待ち時間が増えるかと心配だったけど、それほど待たずにすみました。お昼を食べに出ようとしたら、突然のものすごい豪雨! 院内の食堂もけっこう混んでいて、迷った末に日傘を差して、雨の中を突破。店を選ぶのに迷って、戻るのにちょっと時間がかかってしまった。
ゾラデックスの注射の必要性を聞くと、主治医は「今はハーセプチンの方が重要だからねー」との答え。どうしても打ちたいと言えば、やってくれるだろうけど、そこまで強く言えずに、今回も打ちませんでした。うう、どうしよう。
来月で術後一年になるので、定期検査について質問してみたところ、エコーとマンモだけでいいでしょうとのこと。CTや骨シンチはやらないみたいです。でも、どちらも一年前にやったきりだし、定期検査に入っている病院も多いよね。こちらも悩むところになりそうです。首が痛かったりしたこともあるし、やっぱり調べてもらった方がいいかな。悩みます。

放射線後、患側の腕や腋が痛くて、手首をつかんでも痛いぐらいだったのが、今はちょっと良くなってきました。ひじをつかんでも平気。でも、二の腕や肩甲骨、わき、わき腹あたりは痛いです。マンモ、いやだなぁ。
患側の腕まわりが1センチぐらい太いことを看護士さんに話したら、浮腫にくわしい看護士さんに連絡をとってくれました。ハーセプチンの点滴後に体操を教わりました。
そんな人がいたの、ぜんぜん知らなかった! なんでも、こっちから言わないとダメなのね~。
教わった体操をしていたら、腕が5ミリ細くなった。できるだけ続けようと思います。

| | コメント (4)

2008/07/15

ハーセプチン(23~25回め)

本日も採血はなしでした。午前中の精神科がさっさと終わってしまったので、ランチを食べにデパ地下まで。思っていたよりおいしくなくて、ちょっとガッカリしつつ、早めに病院に戻りました。
ホルモン療法について。ゾラデックスを追加した方がいいかどうか主治医に訊いたのですが、「ご希望なら打ちます」とのこと。やっぱり自分で決めなきゃいけないんですね。どうしよう。
今日の点滴の針刺しは、一発でOKでした。それは良かったんだけど、ちょっとショックなことが。
「抗がん剤で凹んでしまった血管って、元に戻るんでしょうか?」と針刺しの先生にきいたところ、「太い血管はなかなか戻りませんねぇ」という答え。え?え?「じゃあ、採血で硬くなった血管は元に戻りますか?」「一度硬くなってしまうと、なかなか戻りません」
そうなんだ。そのうち元のような血管に戻ると思っていたけど、もう戻らないんだ。残った血管は、大事に、大事にしないといけないんだね。

痺れについても、いろんな先生にきいてみました。インターネットでも、いろいろ見てみたけど、やっぱりこれといった治療法はない。治らない場合もある、とのこと。効き目を信じて、また漢方薬を出してもらうことにしました。痺れってかなりやっかいな副作用だよねぇ。はぁ。

| | コメント (20)