« 2009年6月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年7月

2009/07/11

歌舞伎座さよなら公演 七月大歌舞伎 夜の部

今日はありえないような失敗をしました。なんと…チケットを忘れて家を出てしまったぁ~!!大失態です。
途中で気づいてあわてて取りに戻って、どうにか開演には間に合いましたが、友人にはえらい迷惑をかけてしまいました。

一、夏祭浪花鑑

猿弥さんが休演で、釣舟三婦の代役を市蔵さんが演られていました。三河屋義平次との二役で、まったくタイプの違う二人の老人を見事に演じ分けていらっしゃいました。この三婦がかっこよくて、見ていて気持ちがスッとします。どうかすると、団七九郎兵衛よりかっこよく見えました。
海老蔵さんの団七は、髪結床で変身しての再登場が本当にキリッとした男前で、囚人姿とのギャップが際立ってました。獅堂さんの徳兵衛との立ち回りも、若々しくて、いい感じ。
"つっころばし"の磯之丞を演じる笑也さん、傾城琴浦を演じる春猿さんも、ホント美男美女のカップルで、三婦内の場での痴話げんかも、微笑ましかったです。
徳兵衛の女房お辰を演じる勘太郎さん。いや~、良かった! なんか迫力がありました。己の顔に鉄弓を押し当ててまで磯之丞を引き受けようとする覚悟。「うちの人が好くのはここ(顔)じゃない、ここ(心)でござんす」というのがまたかっこいい。三婦が女にしておくのはもったいないというようなことを言うんですが、本当にお辰さん男前です。
泥場は、コクーン歌舞伎の印象が強すぎたせいか、泥がとっても控えめに感じてしまいました。でも、こっちが普通なんだよね。海老蔵さんの団七も良かったんですが、殺人にいたるシーンの緊迫感がちょっと物足りなかった気がします。

二、天守物語

坂東玉三郎さんの富姫。あまりの美しさに絶句。まったく美貌が衰えないってすごいことだと思います。富姫は人間じゃないんだけど、人でないものの怪しい美しさに満ち満ちていました。その富姫を姉と慕う亀姫。勘太郎さんの亀姫はとっても可愛らしく、富姫との会話も素晴らしい。可憐な姫君に見えました。生首をおみやげに持ってくるようなこわ~い姫なんだけどね。
獅堂さんの朱の盤坊と奥女中たちの踊りも良かった。
そして、姫川図書之助の海老蔵さん。こんな人が天守に上がってきたら、富姫じゃなくたって帰したくなくなっちゃうよね~という美男子っぷりでした。
セットがほとんどないのに、場面がよくわかり、幻想的で美しい物語でした。
こんな歌舞伎もありなのね~と思ったけれど、なんだか現代劇みたいでしたね。

今回は、勘太郎さんがどっちも良かったな~。昼の部の五重塔も今から楽しみです。

| | コメント (6)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年9月 »