« タキソール最終から14ヶ月 | トップページ | 歌舞伎座さよなら公演 七月大歌舞伎 夜の部 »

2009/06/16

「桜姫」 清玄阿闍梨改始於南米版 シアターコクーン

コクーン歌舞伎は、1998年の「盟三五大切」以来、2006年まで5回続けて観ています。2007年、2008年と観に行けなかったけれど、今年は行きたい。どうせなら、現代版も観たい。ということで、チケットを探し、運よく譲っていただくことができて、シアターコクーンに行ってきました。
桜姫は、大竹しのぶさん。舞台は南米のとある国。ほとんどセットのない舞台の上は、列車の中、マリアの寝室、崖の下とどんどん場所を変え、ついていくのが大変なくらい。
観ていて、主役は清玄(セルゲイ)じゃないかと思ったんですが、家に帰ってパンフレットを見たら、まさにそう書かれていました。
大竹さんのマリアは、まるで現実の人間じゃないような、不思議な存在でした。
歌舞伎の桜姫もそうとうぶっとんでますが、墓守との二役で、じつは二役というより、マリア自身が墓守なんじゃないかと思えるような物語でした。勘三郎さんの権助(ゴンザレス)は、ちょっと影が薄くなっちゃいましたね。
そうそう、古田新太さんもすごく良かったなぁ。

客席の一部が可動式になっていて、舞台の後ろから見るような席になってるんですが、歌舞伎版の方はどうなのかな?
歌舞伎版はベンチシートが取れたので、今からちょっとドキドキします。

|

« タキソール最終から14ヶ月 | トップページ | 歌舞伎座さよなら公演 七月大歌舞伎 夜の部 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« タキソール最終から14ヶ月 | トップページ | 歌舞伎座さよなら公演 七月大歌舞伎 夜の部 »