« パンいろいろ② | トップページ | ホルモン療法開始から1年 »

2009/05/10

歌舞伎座さよなら公演 五月大歌舞伎 夜の部

チケットを頂いたので、超久しぶりに歌舞伎座に行ってまいりました。
初めて見る演目ばかりで、なんだかとっても面白くって、すっかり熱が上がってしまい、勢いで歌舞伎会に入ってしまいました。歌舞伎座もカウントダウンが始まっているし、できるだけたくさん見に行きたいなheart

一、恋湊博多諷 「毛剃」

異国情緒たっぷりの作品で、毛剃九右衛門の衣装が面白かったです。博多なまりも珍しくて、ところどころよくわからないところがあったけど、それはしかたないかな。雰囲気は十分味わえました。
見どころの「汐見の見得」は、迫力がありました。見得を切ったまま、ぐるっと舳先が回って、まるで客席にせり出してくるように見えました。
小松屋宗七の藤十郎さん、お年を感じさせない若々しさで、いかにもお坊ちゃんという感じ。対する毛剃九右衛門は抜け荷で稼いでいる悪党なんですが、どこか憎めない可愛らしいところがあって、奥田屋の場でも強くそれを感じました。
奥田屋での毛剃のお大尽ぶりは凄かった。手下のために奥田屋の傾城を全員身請けしちゃうんだもんね。小女郎の頼みにも快く応じて、身請けのお金を貸してくれるし。じつはいいところもある、味のある海賊さんでした。
傾城小女郎の菊之助さん、きれいだった~!! 小女郎は、色っぽさと可愛らしさのある一途な女性っていう感じがしました。

海賊の一味に加わることを承諾させられてしまった宗七。そんなこととは知らず、恩人の頼みを引き受けてほしいと頼む小女郎。ん~、このあと、どんな運命が待ち受けているのか。続きが気になるお話でした。

二、小猿七之助 御守殿お滝 「夕立」

舞踊仕立ての演目で、清元がよく聞き取れなくて、うーんイヤホンガイド借りたら良かったかな~とちょっと思いました。小猿七之助も悪い男なんだけど、そういう男に女って惹かれちゃうのよね~。
帯を解かれてしまうところとか、とっても色っぽくて、歌舞伎ってやっぱり大人のためのエンターテイメントなんだな~と実感。

三、神田ばやし

昭和二十七年初演ということで、なんだか歌舞伎っぽくないお話でした。
でも、長屋の庶民の暮らしぶりがよくわかって、なんだか面白かった。山本一力さんの小説を読んだばかりだったので、よけいに強く感じたのかも。
桶屋留吉の海老蔵さんが、大きな体を小さくして、気弱そうに演じているのが微笑ましかったです。考えてみれば、海老蔵さんの歌舞伎をちゃんと見るのは初めてで、今まですごくもったいないことしたな~。とっても美声なのですね。
留吉の駆っている猫が、本物っぽくてとっても可愛かったです。

四、鴛鴦襖恋睦 「おしどり」

三之助の共演ということで、登場の場面から拍手喝采。
菊之助さん、やっぱりすっごくきれい。
鴛鴦の踊りは、衣装も、羽ばたくような振りもきれいで可愛らしく、とっても華やかな演目でした。

|

« パンいろいろ② | トップページ | ホルモン療法開始から1年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« パンいろいろ② | トップページ | ホルモン療法開始から1年 »