« ハーセプチン(38~40回め) | トップページ | 白金でランチ »

2008/11/03

病気との距離

復職して、半年。最初のうちはのんびり仕事してましたが、最近かなり忙しくなってきました。自分でも最近ちょっとテンパッてるな~と思いつつ、ふと去年の乳がん発覚前の手帳を読み返してみたら、なんか今と似ている!
いかん、いかん! また似たようなストレスをためこまないように、気をつけないといけないよね。自分ではストレスとは思ってなかったんだけど、今見ると、かなり溜め込んでいた様子がわかります。とはいえ、どうすればいいのか。
今も通院治療中なんだけど、会社でも同じ部署の人にしか話していないので、病気だってことも少しずつ忘れられてきています。それはそれでいいんだけど、自分でもすっかり元気になったつもりで、ところが、ふとした拍子に思った以上に体力のない自分を思い知らされたりね。
自分の中に「元気な人」と「病気な人」が同居しているわけで、どちらも私なんだけど、説明するのが難しい。この秋の経営方針発表会で、そんなことをつらつら考えていました。すっかり元気な人として動くのは不可能。でも、いつまでも病気にとらわれている人だと思われるのも複雑。

|

« ハーセプチン(38~40回め) | トップページ | 白金でランチ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ハーセプチン(38~40回め) | トップページ | 白金でランチ »