« プチオフ会 | トップページ | イタタ、有給消滅 »

2008/09/16

ハーセプチン(32~34回め)

通院日。メンタルヘルス精神科では、いつもの通り。トレドミンを1日3回から2回服用に減らし、アモバンも1錠から半錠に減らして、まだしばらく様子を見ようという感じです。落ち着いているね、と言われました。不安がないことはないけど、いたたまれなくなることはないから、それは薬のおかげかな~。あいかわらず夜中に二度も三度も目が覚めるのはしんどいですが、だんだん慣れてきました。
呼吸器内科。吸入を朝晩から朝のみに変え、薬がなくなったら吸入をやめて様子を見ることになりました。吸入せずにすむならそれにこしたことはないんだけど、ちと不安も残ります。今まで何度もぶり返してきてるので。風邪はひかないように要注意だな。
そのあと、術後一年ということでマンモグラフィを撮りました。一年ぶり。
じつは、術側の胸が少し大きくなってきたのです。痛みがあるので、マンモは健側だけの予定だったけど、撮った方がいいのかな~と不安になり、技師さんに相談。先生から指示があれば、また撮ればいいから、とのことで、結局左側のみ撮影しました。
マンモの結果は問題なし。
今日からゾラデックス注射の予定だったけど、ホルモン値を調べたことがないので、その点を聞いてみました。40代なので普通は検査をしないけど、それなら血液検査をしましょうということで、今日はゾラ注射は延期。
それから胸と腹部のエコー検査がありました。
エコーを待っている間、診察室の会話が聞こえてきたんだけど、「ドバイに旅行に行くので、あちらでハーセプチン投与を受けられるよう紹介状を書いてもらえないかしら。そうしたら、投与に帰国しないですむし」
なんてマダムな会話が。主治医はあっさり紹介状を書いていました。
看護士さんが様子を見に来てくれて、浮腫の具合を聞かれたので、体操をしてることを話したり。
エコーの結果、大きくなった胸にも水はたまっていないし、手術や放射線の影響が薄れてきたんだろうとのことで、特に問題なし。CTや骨シンチはやらない方針なので、これで一年検査は終わり。スッキリとはいかないけど、クリアできたことは良かった!
外来化学療法室に行くと、「これから採血は大変だから、針刺しの先生に同時に取ってもらおうね」とのこと。無事に一発で入って、採血もできてラッキーでした。
病院について、いろいろ思うところはあるけど、看護士さんがとても親切。その点では良かったな~。

|

« プチオフ会 | トップページ | イタタ、有給消滅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« プチオフ会 | トップページ | イタタ、有給消滅 »