« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

2008/06/30

発熱(放射線24回め)

どうにも咳が止まらず、放射線の先生に相談して、再び呼吸器内科を受診。吸入だけじゃもう治まらないでしょう、ということでプレドニン他、いろいろ薬をもらってきた。夕方、会社で妙にゾクゾクして嫌な感じだったんだけど、家に帰って熱を測ったら、38.6℃。うわ~、熱出ちゃったと思っているうちに39℃まで上がってしまい、病院へ電話して薬について質問。
とりあえず、乳腺外科で以前もらった解熱剤と抗生剤、今日呼吸器でもらったアレルギー関連の薬、同時に飲んでかまわないとのことで、薬を飲んで様子見。

| | コメント (0)

2008/06/24

ハーセプチン(20~22回め)

今日は血液検査はなし。点滴も1回で無事に入りました。
同じハーセプチン投与の方と初めてお話。彼女は抗がん剤はやっていなくて、ハーセプチンのみなのだそう。あと数回で終わりだそうです。どうやら同じ時間帯みたいなので、次回も会えるかな。

| | コメント (0)

2008/06/10

呼吸器内科

数日前から咳が出始め、気になるので放射線技師さんに話したところ、呼吸器内科を受診することに。フルタイドの吸入をすることになりました。もともと咳ぜんそくだ、いやぜんそくだと何度も診断されている私。アレルギー性の咳であることは間違いないということで。咳には前にもひどくやられているので、ちょっとユーウツ。抗がん剤中はまったく出なかったのは、やっぱり副作用止めのステロイドが効いていたっていうことかなぁ。

| | コメント (0)

2008/06/03

ハーセプチン(17~19回め)

血液検査の結果、白血球は6700。「わーい、回復」と思ったら、どうやら炎症反応が出ているらしく、そのせいで白血球値が高くなっているみたいです。ガックリ。でも、ずっと3000近くをうろうろしていた身からすると、増えたなぁって感じがするんだけどね。
赤血球やヘモグロビンはいまだ低いまま。こちらの方が回復に時間がかかるのかな。最近、立ちくらみがするので、先生に言ったのですが、このぐらいの数値なら大丈夫と言われました。
さて、採血はどうにかなったものの、点滴の針刺しは失敗。手首で入らず、また手の甲になってしまいました。おまけに内出血してしまった。痛いよ~。

| | コメント (18)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »