« 血管の痛み | トップページ | 婦人科受診 »

2008/01/09

投与14日め

4回めのEC投与から14日。3回めのあとは12~13日めの立ちくらみがひどくて、食事以外はほとんど布団の中で過ごしたけど、今回はそんなこともなく、なんとか14日めを迎えた。口内炎ができてしまったけど、一番深刻なのはやっぱり血管痛。あと一週間で、weeklyタキソールが始まるんだなぁ。血管はもちこたえてくれるだろうか。

岸本葉子さんと内富庸介さんの対談集「がんと心」を読んだ。何かの手がかりになればと思って。日本のサポートシステムは、まだまだ遅れているんだなぁというのが実感。心は、「知」と「意」と「情」から成り立っているという。岸本さんの場合は、「知」から入って、「情」が追いついてきたのが退院後のことだった、と。それでいうなら、私はまだ「情」が追いついてきていないのかも。知識としては理解していても、感情がまだ認めたがっていない。どうすれば、心の安定を得られるのか、それはまだまだこれからの課題。

|

« 血管の痛み | トップページ | 婦人科受診 »

コメント

体調はいかがでしょうか?立ちくらみ、口内炎は良くなりましたか?点滴後2週間くらいは目まいがひどいですよね・・・、口内炎もやはり出来ちゃいました。
転移してからと言うもの、本、死に関するテレビなど恐くて見ることが出来ません。せいぜい同病者のブログを検索するくらいなんです。何とか気持ちを切り替えて前向きに生きよう!と思うのですが、難しいですね。

投稿: zero | 2008/01/12 08:48

アマリアさんおはよう!
風邪をひいたかなって思ったら39度の熱、じっと寝てたけど昨日は担当医がいると聞いて、ついに病院へ行きました。
ま~あしんどいしんどい。我慢に限界がきてついに夜中にもらった座薬をいれて今ようやく平熱です(^^)v
ECであんなに苦労した便秘、タキソールは全然平気です。
えっと今のところ(8回終わった段階で)手足が若干しびれてる感じ、あとは味覚がちょっと・・くらいです。
先生が、ちょっとこの風邪の様子をみて15日の投与が出来るかどうか考えましょうと言われたけど、あと4回、とっとと済ませたいです。

投稿: メダカ | 2008/01/12 08:52

アマリアさん、こんにちは(^。^)
[がんばれ血管ちゃん]と応援コールを。
これからweeklyと名の付く療法なので、毎週ですか?
血管が痛いのは辛いですね。
私は昨春の造影剤で腕の付け根までパンパン状態になり、
緊急入院してそれからは先生が怖がって造影剤なし。
「それで検査は大丈夫?」の想いはありますが、
自分の体が原因と言われれば納得するしかない。
あせらずゆっくり・・・かな?
タキソの治療が順調に進むことを願っていますe(^。^)g_ファイト!


投稿: シリウス23 | 2008/01/12 09:19

こんにちは

いよいよ今週からタキソールですね。
副作用のことが気になりドキドキ・・・
よくわかります。
タキソールについてのパンフレットを貰っていますか?私はそのパンフレットでだいたいの症状を知り、覚悟のようなものを決めたようにおもいます。先生からは痺れぐらいの説明しかありませんでした。
私にでた副作用は・・・・
最初は軽い胃の症状もありましたが、回数を重ねると感じなくなりました。味覚障害は常習化し
口渇もかなりありました。口内炎もありました。目の浮腫、目やに(水様性)もでました。耳からも似たような侵出性のものがでました。
痺れは7回目の投与で凄く苦痛になりました。
爪も痛くなったり、バームクーヘンのように輪状になったりしましたが、ここで1つ注意しなければならないことがあります。それは爪の中にかすのようなものが溜まってくるのですが、それを除いてはいけません。私は汚いからと取ってしまいました。その何日か後爪から浸出液が出てきました。浸出液の事を報告後に先生から、かすは取らないようにと言われたのだけれど、(予測出来る事は先におしえて~~先生~~)ちょっと違う言葉で表現しました。
どうきや息切れは2~3回目の投与から現れました。アマリアさんは事前に心エコー受けるんでしたよね。安心して次にすすめるのは良いですね。
そして、投薬中止を決定づけたのは、意識喪失なるものです。気持ち悪いな~と思っていたら、そのまま記憶が無くなっていました。
外出先での事でしたが、座っていたので大事に至らなかったものの、駅の階段だったら?エスカレーターを利用中だったら?・・そんなことを考えたら怖くなりました。
 
先生は放射線科におくる日、初めて「副作用が強く出るタイプだから放射線の副作用が出ないと良いんだけど」と何時になく慎重な発言がありました。なので私は化学療法の副作用が強く出た人のようです(中止ですから、当然なのですが)

アマリアさん あまりかまえないでくださいね。
私はこんなふうでしたというだけです。同時期に受けた人で、なんでもない人もいれば、軽~く12回終了という人もいます。

爪のかすはとらないでと簡単に書くべきか
詳しく書いた方がいいのか、迷ったのですが、
私が書けることは書きました。
お役に立てればと思いますが、どれ1つ該当しなかったとなれば、心から嬉しく思います。

私は今乳がんの勉強をしています。
詳しいことは何ヶ月か先に掲示板でお知らせしようかなと思っているのですが、今受験生状態です。掲示板、ブログは見るだけ~と自制してます。
なのでご無沙汰でした。

来週から放射線が始まります。
お互いに目の前にある治療を恐れずに、乗り切っていきましょう。 同志の仲間よ・・・(古い?でもぴったりくる)

あ~それから
血管痛ですが、タキソールに変わって1回目の時だけ生食に微妙に反応しました。温湿布で改善しましたのでホカロンをもっていくといいかも

投稿: 楓93 | 2008/01/12 16:47

アマリアさん。
HANAさんの掲示板でも拝見しましたが、不安な気持ちが強くて大変そうですね。
私もCEFの時に白血球の減少には悩まされたので、いつもアマリアさんのことは心配しています。
やっと終わったかと思ったらまた違う抗癌剤が待っている。それも今度は毎週・・・。そんなことも不安の一つかもしれませんね。
私の場合は抗癌剤が終われば手術が待っているという状況だったので、早くこの状況から抜けたい一心で、不安はホルモン治療のみになった今の方が感じているかもしれません。
タキソールは骨髄抑制や便秘の副作用は少ないし、どちらかというと手足の痺れと味覚異常が大変でした。
痺れは後半酷くなりますので、あまり酷い場合は無理やりやらないで、休みながらしてもいいと思います。私の癌先輩はタキソールの後半は痺れが酷くて何週間か間をあけて投与したと言っていますが、今では後遺症が無いようです。同時期にやはり術前投与だったために痺れを押して休み無く12回続けた人が3年経っても痺れが抜けてないとのことでした。
痺れも全然感じなくて、抜け毛も後頭部だけ残って、さざえさんの波平さん状態の人もいましたから、あんまり気にしないで、後半戦のタキソールに望んでください。ファイト!!

投稿: しおちゃん | 2008/01/12 19:51

2回目です。
前も長々と書いたのにすいません。
その後掲示板をのぞいたら、今朝パニック発作のような・・・とあったので
余計な書き込みだったと申し訳なく思いまたきました。
不安を募らせてしまったらごめんなさいね。
タキソールの始まる前に心エコーと勘違いもしていましたしほんとすいません。

この際といっては語弊がありますが、先生に
心エコーを17日点滴前にお願いされたらどうでしょう。ダメ元です。強く希望すれば、絶対やってもらえます。異状なければ早くに心臓の不安からは開放されます。
今回のドキドキと直接の関係はないかもしれませんが、不安材料が1つ減るとすごく楽になります。
これもまた余計だったかもしれません。
そうだったら無視でお願いします。

投稿: 楓93 | 2008/01/12 20:47

HANAさんのbbsへの書き込みを拝見しました。おつらいですね。頑張りすぎていらっしゃいませんか?私も自分で制御できない体の震えがでることもあるので、何を聞いたかな?何を見てしまったかな?とそこから自分を逃がすのですが、アマリアさんはすごく真面目な頑張ってしまう方だとこちらや、bbsへの書き込みから感じています。無理をなさらないでくださいね。
(投稿できるかしら?今までも何故かいつもエラーで・・・)

投稿: 縁 | 2008/01/13 10:41

ZEROさん
口内炎は治ったんですが、口角炎が出てしまいました。
心の問題は、なかなか思うようにはいきませんね。

メダカさん
風邪をひいてしまったんですね。39度とは苦しいですね。タキソールもあと4回。早く終わりたいっていう気持ち、すごーくわかります。でも、無理はなさらないでくださいね。ちょっと休むのもありですよ。

シリウスさん
私もちょっと喘息があるので、造影剤なしなんですよ。だからといって、エコーが追加になるわけでもないので、「これで大丈夫か?」と思うこともあります。

楓さん
詳しいお話、ありがとうございます。とっても、とってもためになります。爪のかすには気をつけますね。私はECの副作用で、骨髄抑制がとても強く出たので、タキソールもやっぱり気になります。来週から放射線なんですよね。タキソ終わったら、私も放射線です。またいろいろ教えてくださいね。

しおちゃん
ありがとうございます。告知以来、不安な気持ちはいつもどこかにありますが、昨日の不安はいつものそれとはちょっと種類が違う。自分でも明らかに「これはおかしい」と思うようなものだったんですよね。今は治まっているのですが、あのもどかしいような、いたたまれない気持ち、焦燥感の伴う不安っていうか。うまく主治医に説明できるといいなぁと思います。そして、対処法があればもっといいな。

縁さん
いらっしゃいませ。いつもエラーだったんですね。すみません。
自分で自分がコントロールできないと、怖くなりますね。無理はしてないつもりなんですが。

投稿: アマリア | 2008/01/13 17:19

アマリアさん、体調はどうですか?
心は、「知」と「意」と「情」から成りたっていると言うこと。
私もまだ「情」が追いつかないみたいです。
告知されたときも、病理結果聞いたときも気持ちはなんだかふわふわでした。人ごとみたいでした。
ただ一度だけ涙があふれたことがありました。看護師さんのやさしい気持ちが私の心のど真ん中に命中したときです。
そのとき初めて「がん」を少しだけ意識したのかも知れません。
「情」が追いつくのはいつになるのか・・・
本当はもっと現実と向かい合いたいのですが。

投稿: カイママ | 2008/01/14 15:20

カイママさん
私もまだまだ「情」が追いついていない感じです。いまだに、「嘘じゃんじゃないか?」って思ったりしてます。21日から抗がん剤でしたよね。ファイト!

投稿: アマリア | 2008/01/15 18:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 血管の痛み | トップページ | 婦人科受診 »