« セカンドオピニオン | トップページ | EC療法(第2回め) »

2007/11/14

セカンドオピニオンⅡ

本当に、本当に、本当に、悩んだ。一度、心を決めても、10分後には、また気持ちが変わる。どういう治療を受けるべきかなのか。あてもなく、検索を繰り返して、こんな記事を見つけた。

大量療法 転移抑制に逆効果

抗がん剤の投与で、免疫力が低下した結果、より多くの転移を招いた……かもしれないということ。私の場合は標準治療だけど、骨髄抑制で免疫力を低下させることは、同じ結果を招くかもしれない。
減量してECを続けるべきか、薬を変えるべきか。もし主治医と話がつかなければ、治療する病院も変える必要がある。「この先生なら大丈夫!」だって、心から信頼できる主治医だったら、どんなに良かっただろう。でも、だったら、どんな先生なら自分は信頼できるのか? 病院を移っても、その先生を信頼することができるのか? そうやって病院を渡り歩く「がん難民」にはなりたくない。

|

« セカンドオピニオン | トップページ | EC療法(第2回め) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« セカンドオピニオン | トップページ | EC療法(第2回め) »