« 病理結果 | トップページ | 「ミス・ポター」を見てきました »

2007/10/02

病理結果Ⅱ

2007年10月2日(火)

今日は残りの病理結果が出る日。治療方針の説明を受けに、病院へ行った。残念ながら、ホルモン受容体についての結果は、今日もまだ出ていなかった。Her2の方は出ていて、針生検と同じ3+(強陽性)で間違いはないらしい。

【病理結果】
標本の大きさ  : 75×70×18mm
腫瘍の大きさ  : 20×16   mm
腫瘍のタイプ  : 浸潤性乳管がん(硬がん)
組織異型度   : Ⅱ
細胞核異型度 : Ⅱ
乳管内進展   : 中程度
脈管侵襲    : v(+) ly(+)
乳腺断端    : Suspicious
リンパ節転移  : 4個(13個中)
Her2       : 3+(強陽性)

主治医の示した治療方針は、
①エピルビシン+シクロフォスファミド(3週間に1回投与4クール)→ドセタキセル(3週間に1回投与4クール)
②残存乳腺への放射線治療(25回50グレイ 追加照射なし)
③ハーセプチン(3週間に1回投与を1年間)
というもの。

乳腺断端がSuspiciousなのに陰性の判断でいいのか(追加照射なしでいいのか?)、ハーセプチンの投与開始時期等、疑問の残る部分もある。でも、とりあえずはEC4クールを乗り切ってからの話かな。主治医は質問には答えてくれるけど、なんとなく温かみがないというか、淡々としている。でも、いきなり「あなたの5年生存率は…」なんて話をしないだけいいかな。もちろん私も聞かない。確率はあくまでデータであって、本人にとっては0か100だもんね。

病院を出たあと、医療用カツラを扱っているお店に試着させてもらいに行った。やっぱり高いなぁ。メーカーによって、値段もマチマチで本当に迷う。

◆乳腺外来診察 210円

|

« 病理結果 | トップページ | 「ミス・ポター」を見てきました »

コメント

主治医からの治療方針が出たんですね。
医療の進歩はめざましく、
8年近くのも前の私では参考にはならないけど・・・
私のブログのコメント欄で書いた「イチゴのブラの上品な奥さん」
ハーセプチンがとってもよく効いてるようですよ!
いつもオシャレでイキイキ、
病院のロビーで時々おしゃべりするけど・・・お肌もツヤツヤ!
そうそう・・・
8年前はハーセプチンは保険適用ではなかったのですよ!
保険適用になって6年?位いになるかしらね・・・

目線はず~っと遠くにおいて一緒に歩きましょう!
でも、治療は一度にいろいろ考えると気が遠くなるので、
まずは手前のものからひとずずつクリアしていきましょう。
過ぎてみれば案外なんとか・・・ってこともありますよ(^^)

投稿: みこ | 2007/10/04 09:55

みこさん、こんにちは。
じつは、術後療法としては、ハーセプチンはまだ保険適用にはなっていないんですよ。年内~来春には認可がおりると言われているようですが、もし認可が下りていれば、主治医の提案も変わるのかもしれません。私としては、なんとしても早く認可してもらいたい気持ちでいっぱいです。
目線を遠くに。
そうですね。その気持ちを忘れずにやっていきたいと思います。
でも、今とっても迷っているんですよね。自費でもやろうかって。

投稿: アマリア | 2007/10/04 15:08

アマリアさん
そうだったのですね・・・
それでは本当に迷いますね。
ハーセプチンは乳がんにはとっても有効なお薬、
でも残念ながら現在の日本では保険適用には
決められた枠がありますよね・・。
でも、保険適用の枠に入るのがいいのか・・
よくないのかの問題は大きいです。
だけどそれだと自費になりますね。
早く認可がおりる事を、切に願います!!

投稿: みこ | 2007/10/04 18:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 病理結果 | トップページ | 「ミス・ポター」を見てきました »