« 術後3日め | トップページ | 術後5日め »

2007/09/14

術後4日め

2007年9月14日(金)

乳がんが発生しやすい場所は、外側上部で全体の45%だという。私の場合もそう。それに加えて、私のしこりは乳房のかなりはずれ、どちらかというと腋に近い場所にある。術前の説明では、しこりの位置を6cm、センチネルリンパ節生検のため、腋を6cm切開するという話だった。でも、実際は切開創は腋だけですんだ。つまり、傷はひとつ。それだけしこりが腋に近い場所にあったということだ。そんなの最初からわかりそうなものだが、その説明はなかった。
主治医はあまり触診をしない。検査結果の説明はするが、私の診察をしたのは、最初のエコーの時だけだ。それも患側の胸だけで、左乳房のエコーや触診はなかった。場所が場所だけにあまり触るのもどうかと思うが、気分的には「もっと触って~」である。しこりの位置だって、よく見ていれば、覚えているはずだ。それがちょっと不満。
毎朝、消毒に来る主治医が「明日にはドレーンを抜けるでしょう」と言った。ドレーンの廃液は、毎晩9時に看護師さんが取りに来る。それ以外にもしょっちゅう確認に来る。まだけっこう出ているように思うが、もう抜けるのかな。人によっては、外来でたまった水を抜く人もいるという話で、ちょっと不安に思う。
お昼ごろ、看護学生のTさんが来た。臨地実習が今日で終わりなので、挨拶に来てくれたのだ。Tさんとはいろいろな話をして楽しかった。いい看護師さんになってほしい。その前に、パン教室で会えると嬉しいのだけれど。
夕方、部長と同僚のUさん、Mさんが来てくれた。部長は、私のポシェットを見て、「それ、お弁当箱?」とボケをかました。「いいえ、脇から出ている液をここにためているんですよ~」と脅しておいた。
退屈しているだろうから、とファッション誌とマンガの差し入れをもらった。マンガは猫の出てくるもの。猫好きの私に、同僚が選んでくれた。プレゼントのスプーンを病室に取りに戻って、デイルームに戻ってくると、部長はもういなくなっていた。早業だ。でも、いつも忙しいのに、顔を出してくれたことに感謝。Uさんにスプーンの小箱とカード、リボンを託した。
面会時間終了すれすれに、総務のU部長が来てくれた。入院前、いろいろアドバイスをいただいた。手術の日の朝礼で、「今日が手術なので、病院方向へ向けて、みんなで念を飛ばしてください」と言ってくれたそうだ。同僚からメールをもらって驚いた。今日もシステムの不備があり、すごく大変なところを来てくれたらしい。ありがたいなぁとしみじみ思った。

|

« 術後3日め | トップページ | 術後5日め »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 術後3日め | トップページ | 術後5日め »